スポンサーサイト

Posted by 939457 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手芸のお店 中村手芸店さんのお話しを聞いてきました

Posted by 939457 on 28.2009 0 comments 0 trackback
 手芸のお店、中村手芸店さんへ取材に行って来ました。場所は南砺市福野の上町通りに在って銀行四つ角のすぐ近くです。  店のウインドウには、綺麗に仕上げられた手芸の衣類やのれん、飾り物が通りから見えるようになっています。  店の中に入ると、さまざまな手芸用の材料(糸、ボタン、毛糸、アップリケ、裁縫道具、など)が所狭しと陳列販売されています。外からは、わからなかったのですが、綺麗に整理整頓されていて、老舗の感じもします。  店の方に話しを聞いてみますと、商店街の人通りは、やはり減ってきているようです。また、いままでの良く来ていたお客さんも高齢化してきているそうです。    店の入口、外から見たところ  店内入ったところです    これからも楽しい手芸品を見に来れることを 期待しています。  
スポンサーサイト
Category : 未分類

日食私も見ました

Posted by 939457 on 24.2009 0 comments 0 trackback
 日食、みなさん見ましたか?富山県の南砺市福野では天候が曇りでしたが、70%くらいまで欠けているのがはっきりわかりました。空全体が少し薄暗くなり異様な感じが少しですが感じました。  あまり準備もなく写真を撮っていた為、あまり良い写真はありませんが、庭のコンクリートの上にできた柿ノ木の木洩れ日がミカズキの形に影を落としているのを紹介します。もうひとつは、針穴写真機の原理を使って2センチ位の筒の片側に銀紙を張り銀紙の真ん中に小さな穴を開けて地面にミカズキ型の明るい部分ができるのを紹介します。 筒を使っての実験  雲の切れ間に写したのですが、鮮明にはほど遠い感じですね。写した本人がそう思います。
Category : 未分類

福野納涼夜店 7月31日(金)・8月1日(土)

Posted by 939457 on 17.2009 0 comments 0 trackback
  7月31日(金)・8月1日(土)に恒例の納涼夜店が南砺市福野の銀行四つ角を中心に行われます。夕方5時から9時過ぎくらいまで歩行者天国でにぎわいます。   抽選会ありゲームコーナーあり飲食コーナーあり、イベントありで楽しめます。ぜひ、見に来てください。   輪投げ、射的、スマートボールありと昔懐かしいゲームが楽しめます。飲食コーナーでは、焼きそば、かき氷、枝豆、生ビール、ラムネありで初夏のひとときを涼しく過ごしませんか。   8月初めには、イベントの様子を写真で紹介します。      
Category : 未分類

ピカピカの床と腰板

Posted by 939457 on 14.2009 0 comments 0 trackback
 7月11日の土曜日の新聞に巖浄閣の記事が載っていました。隔週の土曜日に中も見せてもらえると聞いていたので興味がわき、記事を読んでいるうち見に行きたくなり昼の時間に見に行って来ました。  巖浄閣の外観  二階の講堂の様子です。  歴代の卒業生の写真といろいろな記事の掲示。  詳しい説明を1時間ほど聞いてきたのですが、完全に理解できない部分があったので、説明はこの次にまわします。ピカピカの床と腰板に目を奪われたため、写真のみ掲載しました。
Category : 未分類

武市顯三さんの写真展見てきました

Posted by 939457 on 14.2009 0 comments 0 trackback
  6月19日に、最終日ということで夕方4時半ごろ、大急ぎで開催場所の福野植物園へ武市顯三さんの遺作展を観に行ってきたのですが、後日6月28日までの看板を見掛けたので、6月27日の土曜日もう一度カメラを持って行ってきました。  立山、剣岳、雷鳥、ふくろう、昆虫、小動物、朝焼けの山々、夕焼け空などを独特な感性,視点から捉えての写真は大変感動的です。撮影の許可をもらったので手当たり次第に撮った写真を紹介します。  入口の立て看板  経歴と沢山のトロフィ  剣岳と霧の山々  山の夕焼けと満月  山のみみずくと雷鳥  他におもしろい動物の写真が沢山あったのですが、枠がかたがっていたり ガラスの反射が映りこんでいたりして美観をそこねる写真になってしまったため これで終わっておきます。  これからはもう少し写真の撮り方に気を配って写すようにしてみます。          
Category : 未分類

高橋ハチミツ店さんを紹介します

Posted by 939457 on 07.2009 0 comments 0 trackback
 最近、みつばちがいなくなったとかりんごや梨の花の受粉ができなくて急遽みつばちを借りたとか、いろいろ騒がれていますがはちみつは健康に大変良いということで愛好家も多いと聞いています。私はあまりはちみつについて知らなかったのですが、今回、高橋ハチミツ店さんを取材してきました。    今は、梅シロップの時期だそうで、はちみつに梅の実を漬け込むのだそうです。大変、忙しいそうで『そこにある分くらい、毎日出るよ』と指差してくれました。見ると、1リットルくらいある大きなビンが10本くらいかたまって置いてあり、ビンの中に1/3くらいまだ青い新鮮な梅がはちみつに漬け込まれていました。    高橋はちみつ店では、はちみつの原液( 18リットル入りくらいの1斗缶 )を加熱して、粘度を下げて分けやすくして、小ビンに小分けしてラベルを貼って各お店やショッピングセンターへ持ち込んで委託販売するのが主な仕事のようです。  また、イベント会場各地の朝市に出向いて販売することも多いようです。  高橋はちみつ店さんの商品の棚です。    果物入り  はちみつ飴  さまざまな商品     写真で紹介した他にいろいろな味、量の商品があります。  城端線の高儀駅から、歩いて3分くらいのところに自宅とお店があり、交通量の多い道路に面していて、なかなか便利なところです。    最後に美味しい梅シロップの作り方高橋ハチミツ店さんの作成された広告からなるべく忠実に転記して紹介します。  ※ 作り方   1) 梅1~1.2kg、蜂蜜2.4kg、4リットルの果実酒用広口ビンを準備します。 2) 梅をきれいに水洗いし、水気をペーパータオル等で拭き取ります。 3) 乾いた梅を広口ビンに入れ上から蜂蜜を注ぎ入れ、一週間ぐらいの期間は、一日に一回、上下に攪拌してください。 4) 一週間過ぎましたら、梅が浮かないようにラップ等で中蓋をし、ビンの蓋をしっかり締め、冷暗所にて約一ヶ月間熟成させま   すと、美味しい梅シロップが出来上がります。 5) お好みの甘さに、冷水、お湯、炭酸水等で割ってお召し上がり下さい。また、カクテルやホットウイスキー等の甘味にも最適   です。 6) 残った梅はそのままお茶や紅茶、コーヒーのお供に、また、蜂蜜を少し加えて弱火で煮込み、梅ジャムを作っても美味しく    お召し上がり頂けます。   以上、『美味しい梅シロップの作り方』は高橋ハチミツ店さんの広告の文章を引用しました。
Category : 未分類
HOME 

くろックCute DC01

リンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RSSリンクの表示

プロフィール

939457

Author:939457
元まちさぽ M・T です。

南砺市福野のギャラリー楊(もと市の里3号館)で、趣味の憩いの場を提供していこうと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

Copyright © 福野に来て見られⅡ (ギャラリー楊) All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。