スポンサーサイト

Posted by 939457 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口 雨情と旧福野町

Posted by 939457 on 07.2010 0 comments 0 trackback
 野口 雨情について調べています。
 
 (以下引用)野口 雨情は茨城県出身で北原白秋、西條ハ十と並ぶ「童謡三大作詞者」の一人。また大正期から本格化した日本の「流行歌」の基盤をなした人物でもあった。
 茨城県多賀郡中郷郡(現・北茨城市)に生まれる。1882(明治15)年に上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)に入学したものの家業が芳しくなく翌年に中退。その後、故郷へ帰ったり北海道の新聞社に勤めたりと転々とした。
 1918(大正7)年、『金の船』に作詞家として迎えられた頃から頭角をあらわし「七つの子」「赤い靴」といった童謡、「船頭小唄」「枯れすすき」などの流行歌の両方で時代を画する作詞家となった。童謡の代表作としてはほかに、「十五夜お月」「青い目の人形」「雨降りお月」「兎のダンス」「あの町この町」「しゃぼん玉」などが、流行歌では「波浮の港」「須坂小唄」などがある。(以上 引用 終り)

 富山県南砺市の旧福野町にも昭和7年ごろ、滞在して福野小唄や、夜高節、校歌など多くの歌詞を書き遺していった歴史があり、このことを調査している方に協力してもらい、来月「野口 雨情展」を企画中です。 

 今月は、ブログの講習にも行っていますので、より多くの方にアクセスしてもらえるように、工夫してどんどん投稿していこうと思っています。
 感想、苦言のコメントお待ちします。

  

 
Category : 富山県

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuno0467.blog104.fc2.com/tb.php/176-b35861ad

くろックCute DC01

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSリンクの表示

プロフィール

939457

Author:939457
元まちさぽ M・T です。

南砺市福野のギャラリー楊(もと市の里3号館)で、趣味の憩いの場を提供していこうと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

Copyright © 福野に来て見られⅡ (ギャラリー楊) All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。